離婚する夫・妻の借金の連帯保証人になっている場合

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー

事例 結婚してから夫が自分のために新車を借金して買い、妻である自分がその連帯保証人となった。その後、夫が失職しそのまま再就職もせず借金を重ね、そんな夫に愛想が尽きたので離婚することになった。新車を買ったときの借金はまだ支払が終わっていない。車は離婚後も夫が所有・使用する。
夫は多分離婚後は支払ができないだろう。この場合、自分は連帯保証人から外れることができるか。また夫は離婚後自己破産しそうなのだが。

結婚している時には何気なく夫や妻の連帯保証人になってしまいますが、この連帯保証は夫婦が離婚したとしてもそれとは関係なく存続します

つまり夫の借金について妻が連帯保証人になっている場合、借金を理由に離婚したとしても妻には連帯保証人としての責任は残ります。もちろん、逆に妻の借金について夫が連帯保証人になっている場合も夫は離婚しても連帯保証人としての責任は存続します。これは金銭消費貸借(借金の契約)が貸主と借主との契約であることに対して、保証契約は貸主と保証人との契約であり、借主と保証人との契約ではないからです。

このような場合、債権者(貸主など)が応じるなら別の人に連帯保証人になってもらうなどして外れることも可能ですが、あくまで債権者が応じた場合ですのでこの点注意。

連帯保証人の場合、実際に借りてる人から先に取り立てろという権利(催告の抗弁権)も、保証人が実際に借りている人には支払能力があって強制執行も簡単にできるから実際に借りた人に対して先強制執行してくださいという権利(検索の抗弁権)もありません。連帯保証人はほとんど自分がお金を借りているのも同じです。夫婦とはいえ、よく考えましょう。

また実際に借りている人が自己破産しても連帯保証人はその義務がなくなるわけではありません。つまり支払わないといけません。

このため、相手の借金問題で離婚する場合、相手の連帯保証人になっていると、忘れた頃に巨額の請求が来る場合があります。気をつけましょう。