婚姻届が受理されない場合

婚姻届が受理されない場合

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー


婚姻とは婚姻届を出して結婚することを指します。この婚姻が結婚当事者間の関係や年齢などで受理されない場合があります。それを下記します。


年齢制限
男は満18歳、女は満16歳になっていなければ婚姻はできません。(民法第731条)

重婚の禁止
すでに婚姻している人がその配偶者と離婚せずに別の人と婚姻することはできません。(民法第732条)

近親婚の禁止
直系血族や三親等内の傍系血族の間では婚姻できません。(民法第734条)但し、養子と養方の傍系血族間は三親等以内であっても婚姻可能です。

直系姻族間の結婚の禁止
直系姻族間では婚姻ができません。(民法第735条)これは離婚したり夫婦の一方が死亡して生きている方の配偶者が姻族関係を終了させる意思表示をして姻族関係が消滅しても、また特別養子縁組により親族関係の終了により姻族関係が終了した後もできません。

未成年者婚についての親の同意
未成年者が婚姻する場合には父母の同意が必要ですが、父母のどちらか一方が同意しない場合や同意できない場合(死亡している、行方不明、意思表示ができない)、はどちらか一方のみの同意で足ります。(民法第737条)

女性における再婚禁止期間
女性のみ、前婚の解消後又は取り消しの日から6ヶ月経過後でなければ再婚できません(民法第733条)。これは父性推定の重複を防ぐために行われるため、前婚の元夫と再婚する場合には禁止期間はなく、前婚の解消、又は取り消しの前から妊娠していた場合、その胎児の出産の日から、禁止期間の適用がなくなります。

養親親子関係者の婚姻禁止
養子とその配偶者、直系卑属又はその配偶者と養親又はその直系尊属との間では離縁によって親族関係が消滅した後でも結婚することはできません。