鬱な気分になってきたら

利用規約・プライバシーポリシー

注意!:当サイト管理者は医学の専門家ではありません。よって本ウェブサイトの方法が最新の医学的に正しい方法なのかどうかはわかりません。
また、鬱病などの精神的な病を治すのに一番いいのは専門家である医者の適切な治療を受けることだと確信しております。一人で悩まずに早めに専門医の治療を受けましょう。


まずは専門医へ
浮気などによりショックを受けると精神のバランスを崩される人がいます。このような場合、それをそのままにしておくと非常に危険な状態になることがあります。自分で自分の感情を制御出来ないなどと感じられたらすぐにお近くに専門医で診断を受けましょう。

良くない兆候

精神的な病の中には自分では病気と気づかずそのままにしておいたら、どんどん症状が悪化してしまった、ということもありえます。

  • 落ち込む
  • 急激な体重の増減
  • 過食・拒食
  • 朝早く目が覚めるのに、気分がすぐれず起きあがることが出来ないため、ずっと布団の中で過ごす。
  • 不眠・睡眠過剰
  • 仕事や家事への興味や喜びの減退
  • 何もやる気がしない、易疲労性
  • 言葉や行動が以前より遅くなった
  • 男女問題で客観的には相手の責任であるにもかかわらず、極端に自分が罪悪感を感じる
  • 自尊心低下
  • 人生は無価値・無意味であるとの観念がわく
  • 死のことを反復して考える
  • 子供にあたってしまい、その後自己嫌悪に陥る

このような症状が現れたら早めに専門医の診断を受けましょう。

誰かに話を聞いて欲しくなったら

誰かに話を聞いてもらうことで気分が楽になるということもあります。

いのちの電話連盟 ボランティアの方が話を聞いてくれます。
精神保健センター 都道府県ごとにあり、電話相談をうけつけているところもあります。

心理カウンセラーについて
有料カウンセラーの場合、日本ではまだ社会的な認知度が低いということと、資格についての法的な整備が完成していないということから、中にはあまり技術がない・法外な料金を請求するところもあるなどするため、注意が必要な場合もあります。医師の紹介を受けた所に行くのが無難かもしれません。