業務してない時の亀井 2005.2

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー


2.25
楽天広場でサイトを作ってみた。


2.16
もうね、頭痛ですよ。つまり頭が痛いって事ですよ。
それはそうとビールは瓶ビールがおいしいですね。缶ビールより1.15倍ぐらいおいしいです。銘柄は麒麟がいいですね。


2.14
さてと、夏に向けて減量します。サーフィンしようと思ったら体重軽くしないとそもそも浮かないからね。


2.7
去る2月2日、祖母が亡くなった。親戚が代わる代わる入院している祖母の付き添いをしており、その日は私の順番であった。つまり実質的な最後を看取ったのは私である。
数年前から完全な寝たきり状態になっておりしゃべることもできなかったのだが、常に痰がつまり非常に苦しそうであった。なにせ痰を取ったすぐ後にまた痰がつまるような状態。

叔母がなくなったときは不条理を感じたが、祖母の死の場合、むしろ死ぬことにより楽になったのではないかという思いが強い。
なにせずっと常に痰がつまり続けるわけだから、その苦しさといったら表現ができないものがあろう。

その祖母を10年も前から叔父は一人で世話してきたわけだが、たった2日連続で付き添いしただけの私でも体力的に非常にきつく、私より当然年上の叔父が祖母を介護していることを知っている者は皆よく一人であそこまで世話ができたものだとの感想を持つ。なにせ祖母の部屋をそのまま病院にしようとしているのではないかと思われるほどの勢いで医療器具などをそろえており、しかも仕事をしながら介護を続けていたわけだから。

仕事柄、人の死はかなり身近な現象なのだが、それでも血縁者が亡くなると悲しいというよりはむしろ驚きを覚えた。なにせ、医者は入院したときからかなり危ないと言っていたのだが、祖母は外見上叔父の家で介護されているときと大してかわらない状況(つまりまったくしゃべらず寝たきり)のだったため、まさか死ぬとは私は思っていなかったのだ。

やはり人間はいつ死ぬかは予想がつきがたいし、またまわりの者もいつ死ぬかわからない。そういう覚悟の上で生きていくことが今生きている私には必要ではないかと思った。


2.1
23:17
現在某所でパソコンを使っているが、ここには机がない。よって膝の上にノートパソコンをのせてキーボードを打っており、すなわちシェインキン準教授から「その利用法は気をつける必要がある」と警告を受けるであろうスタイルである。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041210301.html