面接交渉について 面接交渉権

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー

面接交渉とは

面接交渉とは離婚後などにおいて親権者や監護者にならない方の親や婚姻関係が破綻して別居に子供と一緒に暮らしていないほうの親が子供に会うことを意味します。これは子供に会えるという親の権利であるという考え方もありますが子の監護の問題だという考え方も強く、このためいったん離婚条項として決まった面接交渉につき子供に悪影響を与える場合などに取り消すことなども行われたりします。


面接交渉の内容の決め方

1話し合い(協議)
話し合いによって決定してかまいません。面接交渉の内容はよくもめますので、決まったら書面で残しておくことをお勧めします。

2調停
面接交渉は調停を申し立てることによって話し合いを家庭裁判所で行うことも可能です。
申し立てる人:父又は母
申し立て場所:父が申し立てるなら母の住所地の家庭裁判所、母が申し立てるなら父の住所地の家庭裁判所。
二人の合意によって決まった家庭裁判所でも可。

3審判
調停が不成立の場合、自動的に審判に移行し、家事審判官が審判します。



面接交渉の具体的方法


あいまいな決め方は結局決めていないのと同じであるため、頻度(月何回など)、場所、日時、面接の様態など具体的にできるだけ細かく決めておいたほうが結局後で解釈などをめぐってもめたりせずに済みます。



面接交渉の制限

面接交渉は子の監護の問題であるという考え方から、子供に悪影響を与える場合などには家庭裁判所は面接交渉を認めなかったり、一時停止したりすることができます。