公証役場で確定日付

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー

契約書の中にはいつまでにその契約書が作られたかが重要なものがあります。私人で作成した契約書に日付を入れておいたとしても、実際には契約書に記載されている日付より後に契約書を作成したにもかかわらず日付だけさかのぼって書かれている可能性もあります。こういうことを防ぐために公証役場で確定日付を付与してもらうことができます。

確定日付の付与は、具体的には公証役場に持っていった日付けが入ったスタンプを書類に押してくれます。このため、これはその日にその契約書が存在したということを証明するものであり、言い換えればその日より後に作成されたものではない、ということを証明するものです。

確定日付は契約書の作成者・契約の当事者が持っていかなくても付与してもらえます。ただ、契約書などは完成されたものでなければ付与してもらえず、日付や署名(または記名押印)されていないもの・違法な契約書などには付与してもらえません。また契約書の中身が適正であることを証明するものでもありません。そりゃそうですね、誰が持っていっても付与してくれるわけだし、公証役場の人が契約するところを見ているわけでもないので。

確定日付の付与は一通、700円。たとえば契約書が2通あって、その両方に確定日付を入れるときは1400円。

場所にもよるでしょうが、確定日付の付与は徳島公証役場では時間をそれほどとられることなくすぐにできます。簡単なわりに書類がその日に存在したことを証明できるので便利なものです。

リンク:全国公証役場所在地等一覧表