[ Tags :: 再婚禁止期間 ]


女性は離婚後、6ヶ月経過しないと再婚できない

女性は離婚後、6ヶ月を経過しないと再婚ができません。これを再婚禁止期間と表現することがあります。
女は、前婚の解消又取消の日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。(民法第733条第1項)
「女は」となっているように、男性は6ヶ月経過しないでも再婚可能です。

また、一旦離婚してから、再度同じ人と婚姻する場合には6ヶ月たたなくても婚姻可能です。これはこの再婚禁止期間を設けた理由自体が、離婚後生まれた子の父親は誰と推定するのか、という紛争を予防するためのものだからです。

よって、

女が前婚の解消又は取消しの日から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。(民法第733条第2項)

という条文もあります。

— posted by 管理者 at 09:27 pm  

この記事に対するコメントはありません


T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0058 sec.