近親者間では婚姻できない

親族関係があまりにも近すぎる同士は婚姻できません。

直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻することができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。(民法第734条第1項)

直系血族

父母・祖父母(さらに祖父母の親、その親・・・)・子・孫・曾孫・曾々孫(曾々々孫、曾々々々孫・・・)

三親等内の傍系血族

兄弟姉妹・叔父叔母・甥姪

さらに、

第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。(民法第734条第2項)
というものがあります。

第八百十七条の九には、特別養子縁組をした場合において、血がつながっている親とその親の血族との親族関係が終了することが規定されています。

つまり民法第734条第2項は、法的には親子や親族ではなくなっても、実際には血がつながっているのだから、やはり婚姻することはできない、ということを規定しているわけです。

— posted by 管理者 at 04:30 pm  

この記事に対するコメントはありません


T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0114 sec.