使用貸借

TOP>法律のメモ知識>使用貸借

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー


使用貸借とは

民法第593条
使用貸借ハ当事者ノ一方カ無償ニテ使用及ヒ収益ヲ為シタル後返還ヲ為スコトヲ約シテ相手方ヨリ或物ヲ受取ルニ因リテ其効力ヲ生ス

貸主が無償(つまり無料で)で借主に物を貸し渡し、借主が使用及び収益を行った後、借りていたその物を借主が貸主に返却する契約です。

例:Aが本を無料でBに貸し渡し、Bがその本を読んだ後、Aに返す。


使用方法

使用貸借契約で貸し渡される目的物について、借主は契約又はその目的物の性質よって定められている用法によりその物の使用や収益を行わなければならず(民法第594条第1項)、借主の承諾なしに第三者に使用・収益させてはなりません(民法第594条第2項)。これらを行った場合、借主は契約解除が可能です(民法第594条第3項)。

借主は通常の必要費を負担するが(民法第595条)、それ以外の必要費や有益費は民法第583条が準用されます。

借主は返還するに当たって借りていた目的物を現状に回復しなければならず、借りていた目的物に付属した物を撤去することができます。


返還時期

契約により返還時期を決めている場合はそれに従う(民法第597条第1項)。

返還時期を決めていない場合は契約に定めている目的にしたがって使用及び収益が終わったとき。それ以前であっても使用及び収益をするのに足るべき時期が経過した時は貸主は直ちに返還請求をすることができます(民法第597条第2項)。

当事者が返還時期を定めず、使用・収益の目的を定めなかった場合、貸主はいつでも返還請求が可能(民法第597条第3項)。

借主が死んだ時は契約が終了(民法第599条)。


貸主の担保責任

貸主の担保責任は贈与契約の担保責任(民法第551条)に準ずる(民法第596条)。つまり貸主が瑕疵又は欠かんを知っているのに借主に告げなかった場合を除き、目的物の瑕疵又は欠かんにつき責任を負わない。


契約に本旨反する使用又は収益によって生じた損害の賠償と貸主が出した費用の償還請求の除斥期間

貸主が返還を受けた時より一年以内