準消費貸借とは

TOP>法律のメモ知識>準消費貸借とは

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー



まず、消費貸借において一番典型的なのは借金の契約、つまり一方がお金を貸して、もう一方がそれと同額(又は利子などをつけて)を返済することです。

準消費貸借とは元は消費貸借契約ではなかったものの、お金等を支払う義務がある状態の場合に、債権者と債務者がこの支払を消費貸借契約にしようとした場合に、消費貸借契約にする、というものです。



民法第588条 消費貸借によらないで金銭その他の物を給付する義務を負う者がある場合において、当事者がその物を消費貸借の目的とすることを約したときは、消費貸借は、これによって成立したものとみなす。

よく準消費貸借は複雑な契約関係を単純な消費貸借にするためにあるといわれていますが、借金の契約は、一般人が一番これは契約だと認識しやすいものですし、また日本人のメンタリティとして、借りてる金は返さないといけない、というものがあるので、そういう点からもこの条文があるんじゃないかなあと個人的には思います。