TOP>マリンピア沖洲での釣り

利用規約・プライバシーポリシー

マリンピア沖洲での釣り

マリンピア沖洲とは住所上は徳島市東沖洲になります。徳島駅前からですと、192号線をただひたすらに東に行けばつきます。

マリンピアといっても、KとSが主に釣っているのはマリンピアの高速バス乗り場の近く(沖洲マリンターミナル)のポイントです。


マリンピアへ行く道の一番南からマリンピアに入ればマリンターミナル(右写真1段目)が見えるんで、そこをこえたら入り口(右写真2段目)が見えます。つまりは灯台への道の入り口あたりで釣ってるわけです。

季節ごとの釣りのポイントなど

マリンピア沖洲の釣り秋編

マリンピア沖洲の釣り冬編

マリンピアで釣れる魚
メバル 平成16年12月29日

えさ:ごかい

Aポイント

サイズ10センチぐらい
料理:煮付け

煮付けにすると大変おいしい魚です。いわゆるフィッシュイーターなのでルアーでも釣れるはずですが、釣れるのは常に浮き釣り。引きがいいため、釣ると楽しい魚。
凪いでいるときに釣れます。波が高いときは釣れない。日が落ちる1時間ぐらい前にAポイントを狙います。
ハリスは0.8号ぐらいの細めにした方が釣れます。
メッキアジ 平成16年12月15日16時ぐらい
えさ:ごかい
サイズ:20センチぐらい
釣り人:K
料理:煮付け
マリンピアにはあんまりいないんじゃないかなあと思います。釣ったのも一回だけ。
セイゴ 平成16年12月17日14時ぐらい
えさ:ごかい
サイズ20センチぐらい
釣り人:S
料理:放流
特徴:11月から12月にかけてマリンピアで釣っているとこればっかりかかります。早めに上げないと針を飲み込むので針をはずすのが面倒になります。さらにはあまりおいしくないので放流確定魚です。
アイナメ 平成16年12月15日13時ぐらい
えさ:エビ
サイズ22センチぐらい
釣り人:S
料理:煮付け
ガガネ 写真を撮ったらアップします。
特徴:地球を釣ってしまいそうなところにいるのがガガネです。当たりがあったらさっさと合わせないと飲み込んでしまいます。テトラポットの隙間から針を落としたらその小さな穴の中にいる場合もあります。食ってもおいしい魚です。

注意!小さいガガネの背びれは針のように鋭くなっているため素手で触ると怪我します。

料理:煮付け、唐揚げ
アナゴ 平成17年8月31日
えさ:青虫
サイズ:不明
釣り人:S

マリンピアでつれたときはびっくりしました。こんなのもいるんだね。釣れたのは1回だけ。
ジンタ 特徴:徳島で忌み嫌われる魚、それが「ジンタ」です。見た感じ平べったくて透明で、骨ばっかりの5センチぐらいの魚なんです。しかし、ネットでジンタを検索してみると「アジの幼魚」と書いてあります。しかし、あれはどう考えてもアジではありません。しかし、私の知る限り、徳島ではあのえさ取りともいえるこの魚のことをみなジンタと呼びます。そしてジンタばっかり釣れた、というと哀れみの目で見られます。もしかして徳島だけがあの魚をジンタと呼んでいるのかもしれません。
料理:子供の時にジンタを持って帰って食う友人がいてみんなびっくりしました。